Do you build things with AMP? Fill out the AMP Developer Survey!
AMP

AMP ページのエクスペリエンスガイド

AMP ページの解析

AMP ページのエクスペリエンスガイドは、AMP 開発者が Google 検索ページのエクスペリエンスランキングシグナルに対する AMP ページのパフォーマンスを計測できるツールです。フィードバックとして、解析結果に基づく対応策が提示されます。対応策が推奨されない場合は、表示されるプロンプトに従って GitHub に課題を提出してください。AMP ページの改善方法について、チームがご相談を承ります。使用する API は、PageSpeed InsightsSafe Browsing、および Mobile-friendliness Test など、一般公開されている API です。

しばらくお待ちください
ページを解析中です

0 / 0 個のチェックを完了

調査

コアウェブバイタル

コアウェブバイタル

コアウェブバイタルは、すべてのウェブページにおけるユーザーエクスペリエンスの質を測定します。優れたウェブエクスペリエンスを配信するための統一されたガイダンスを提供する Google のウェブバイタルというイニシアチブのサブセットです。さらに詳しくお読みください

フィールドテストでは、ラボテストで見逃されるパフォーマンス要因に焦点が当てられます。RUM は、ユーザー側でサイトがどのようなパフォーマンスを示すかと測定する唯一の手法です。さらに詳しくお読みください

ラボテスト は、新機能がリリースされる前に、パフォーマンスの後退がないことを確認するための最も優れたテストで、そういった新機能をテストすることができます。さらに詳しくお読みください

改善の余地は、オリジンの AMP ページとキャッシュされたページのスコアの差を示します。オリジンページのパフォーマンスがキャッシュページのパフォーマンスと同等である場合は「なし」が報告されますが、キャッシュページに関するデータが存在しない場合は「---」が報告されます。

読み込み速度
LCP:

最大コンテンツの描画 | LCP

読み込み速度最大コンテンツの描画(LCP)によって測定される、最初のビューポート内に表示される最大画像またはテキストブロックのレンダリング時間を報告するメトリックです。

ユーザーエクスペリエンスは次のように分類されています。

  • 良好: 2.5 秒未満
  • 要改善: 2.5~4 秒
  • 不良: 4 秒超

さらに詳しくお読みください

75 パーセンタイルのスコア: 計算中
合格ページ数: 計算中
対応策: 解析中

インタラクティビティ
FID:

初回入力遅延 | FID

インタラクティビティ初回入力遅延(FID)によって測定されるもので、ボタンのタップなど、ユーザーがページを操作した時点からブラウザがそのイベントを処理できる時点までの時間を報告するメトリックです。

ユーザーエクスペリエンスは次のように分類されています。

  • 良好: 100 ミリ秒未満
  • 要改善: 100~300 ミリ秒
  • 不良: 300 ミリ秒超

さらに詳しくお読みください

75 パーセンタイルのスコア: 計算中
合格ページ数: 計算中
対応策: 解析中

視覚的安定性
CLS:

累積レイアウト変更 | CLS

視覚的安定性 は、ページの寿命期間中のレイアウト変更スコアを報告するメトリックである 累積レイアウト変更(CLS)によって測定されます。ページの変更スコアは可視要素の位置が意図なく変更されるたびに低下します。

ユーザーエクスペリエンスは次のように分類されています。

  • 良好: 0.1 未満
  • 要改善: 0.1~0.25
  • 不良: 0.25 超

さらに詳しくお読みください

75 パーセンタイルのスコア: 計算中
合格ページ数: 計算中
対応策: 解析中

解析フィールド

このデータは 28 日のローリング期間中、毎日更新されました。

読み込み速度
LCP:

最大コンテンツの描画 | LCP

読み込み速度最大コンテンツの描画(LCP)によって測定される、最初のビューポート内に表示される最大画像またはテキストブロックのレンダリング時間を報告するメトリックです。

ユーザーエクスペリエンスは次のように分類されています。

  • 良好: 2.5 秒未満
  • 要改善: 2.5~4 秒
  • 不良: 4 秒超

さらに詳しくお読みください

スコア: 計算中
改善できる項目: 計算中
対応策: 解析中

インタラクティビティ
TBT:

合計ブロック時間 | TBT

インタラクティビティは、ラボ環境において合計ブロック時間(TBT)によって測定されます。このラボメトリックは、読み込みの応答性を報告し、ページが確実にインタラクティブになる前に、ページがどの程度非インタラクティブであるかに関する重大度を定量化するのに役立ちます。

ユーザーエクスペリエンスは次のように分類されています。

  • 良好: 300 ミリ秒未満
  • 要改善: 300~600 ミリ秒
  • 不良: 600 ミリ秒超

さらに詳しくお読みください

スコア: 計算中
改善できる項目: 計算中
対応策: 解析中

視覚的安定性
CLS:

累積レイアウト変更 | CLS

視覚的安定性 は、ページの寿命期間中のレイアウト変更スコアを報告するメトリックである 累積レイアウト変更(CLS)によって測定されます。ページの変更スコアは可視要素の位置が意図なく変更されるたびに低下します。

ユーザーエクスペリエンスは次のように分類されています。

  • 良好: 0.1 未満
  • 要改善: 0.1~0.25
  • 不良: 0.25 超

さらに詳しくお読みください

スコア: 計算中
改善できる項目: 計算中
対応策: 解析中

解析フィールド

このデータは合成テストから得るものであり、ページのエクスペリエンスには影響しません。

その他のチェック

セーフブラウジング

セーフブラウジング

Google のセーフブラウジング技術は、1 日に数千件もの安全でないサイトを新たに検出していますが、その多くは改ざんされてしまった正規のウェブサイトです。サイトのユーザーの安全性を確保してください。さらに詳しくお読みください

直接テストを実行するには、Google のセーフブラウジングのサイトステータスをご利用ください。

HTTPS

HTTPS

HTTPS は、侵入者がウェブサイトとユーザーのブラウザ間に起きる通信を改ざんしたり傍受したりしないようにする上で役立ちます。ウェブサイトで機密の通信を扱っていない場合でも、すべてのウェブサイトを必ず保護するようにしましょう。さらに詳しくお読みください

モバイルフレンドリー

モバイル対応

オンラインプレゼンスには、ウェブサイトがモバイル対応であることも重要です。多くの国では、スマートフォンのトラフィックがデスクトップトラフィックをすでに上回っています。モバイル対応のウェブサイトをまだ作成していない場合は、すぐに作りましょう!方法をご覧ください

テストを直接実行するには、Google Search Console のモバイルフレンドリーテストをご利用ください。

侵入型インタースティシャル

侵入型インタースティシャル

侵入型インタースティシャルは、ユーザーが閲覧するコンテンツをブロックします。ユーザーに不満を与えないように、サイトがアクセスできる状態にしてください。 さらに詳しくお読みください

対応策を試してください。AMP サイトを改善できます