AMP
Something went wrong while trying to load more search results.
We apologize for the inconvenience caused.
Please try again later.

;(

Something went wrong…

…while trying to load the search results.
We apologize for the inconvenience caused.
Please try again later.

amp-img

説明 HTML の img タグに代わるランタイム管理コンポーネント。
サポートされるレイアウト fill、fixed、fixed-height、flex-item、intrinsic、nodisplay、responsive
AMP By Example の amp-img の例をご覧ください。

動作

ランタイム環境では、ビューポートの位置、システム リソース、接続帯域幅などの要素に基づいてリソースの読み込みを遅延または優先させることができます。amp-img コンポーネントを使用すると、ランタイム環境における画像リソースの管理をこのように効果的に行うことができます。

amp-img コンポーネントは、外部で取得されるすべての AMP リソースと同様に、画像を取得しなくてもアスペクト比を把握できるよう、(width / height のような)明示的なサイズをあらかじめ指定しておく必要があります。実際のレイアウトの動作は layout 属性によって決まります。

レイアウトについて詳しくは、AMP HTML レイアウト システムの仕様とサポートされるレイアウトをご覧ください。

例: レスポンシブ画像の表示

次の例では、layout=responsive を設定することにより、ビューポートのサイズに合わせて画像を表示します。画像は、widthheight で指定されたアスペクト比に従って伸縮します。

<amp-img alt="A view of the sea"
  src="/static/inline-examples/images/sea.jpg"
  width="900"
  height="675"
  layout="responsive">
</amp-img>
Open this snippet in playground

レスポンシブな AMP ページについて詳しくは、レスポンシブな AMP ページの作成ガイドをご覧ください。

amp-img コンポーネントからリクエストされたリソースを読み込むことができない場合、fallback 子要素が指定されている場合を除き、スペースが空白になります。フォールバックは初期レイアウトでのみ実行され、サイズ変更と srcset の設定などが行われた後の src 変更では、パフォーマンスへの影響によりフォールバックは行われません。

例: フォールバック画像の指定

次の例では、ブラウザが WebP をサポートしていない場合、JPG のフォールバック画像が表示されます。

<amp-img alt="Mountains"
  width="550"
  height="368"
  src="/static/inline-examples/images/mountains.webp">
  <amp-img alt="Mountains"
    fallback
    width="550"
    height="368"
    src="/static/inline-examples/images/mountains.jpg"></amp-img>
</amp-img>
Open this snippet in playground

プレースホルダの背景色やその他のビジュアルは、要素自体の CSS セレクタとスタイルを使用して設定できます。

字幕などのその他の画像機能は、標準の HTML(figurefigcaption など)で実装できます。

amp-img の使用方法について詳しくは、以下のリソースをご覧ください。

属性

src

この属性は img タグの src 属性に似ています。値には、公開キャッシュ可能な画像ファイルを指す URL を指定する必要があります。キャッシュ プロバイダは、AMP ファイルを取り込む際に、キャッシュ バージョンの画像を指すようにこの URL を書き換えることがあります。

srcset

img タグの srcset 属性と同じです。srcset をサポートしていないブラウザでは、<amp-img> がデフォルトで src を使用するように設定されます。srcset のみを指定して src を指定しない場合、srcset の最初の URL が選択されます。

sizes

img タグの sizes 属性と同じです。

sizessrcset の使用方法については、srcset、sizes、heights を使ったレスポンシブ画像をご覧ください。

alt

代替テキストの文字列。img タグの alt 属性に似ています。

attribution

画像の帰属を示す文字列。例: attribution="CC courtesy of Cats on Flicker"

heightwidth

画像の明示的なサイズ。AMP ランタイムはこのサイズを使用することで、画像を取得しなくてもアスペクト比を確認できます。

共通の属性

この要素には、AMP コンポーネントに拡張された共通の属性が含まれます。

スタイル設定

amp-img のスタイルは、CSS プロパティで直接設定できます。たとえば、グレーの背景のプレースホルダを設定するには、次のようにします。

amp-img {
  background-color: grey;
  }

ヒントとアドバイス

画像を最大幅まで拡大する

ウィンドウのサイズ変更に合わせて画像を最大幅まで拡大縮小する場合(画像がその幅を越えて拡大されないようにする):

  1. <amp-img>layout=responsive を設定します。
  2. 画像のコンテナで、CSS 属性 max-width:<max width to display image> を指定します。コンテナで指定する理由は、layout=responsive が設定された amp-img 要素がブロックレベルの要素であるのに対し、<img> はインラインであるためです。また、amp-img 要素の CSS で display: inline-block を設定することもできます。

responsive レイアウトと intrinsic レイアウトの違い

responsive レイアウトと intrinsic レイアウトはどちらも、自動的に拡大縮小される画像を作成します。主な違いは、intrinsic レイアウトでは、拡大縮小する要素として SVG 画像を使用する点です。このため、標準の HTML 画像と同じように動作するようになり、しかも、ブラウザが初期レイアウトの画像サイズを把握できるというメリットが維持されます。intrinsic レイアウトは固有のサイズを持ち、float が指定された div 要素を、本来の画像サイズまたは CSS による制限(max-width など)に達するまでインフレートします。responsive レイアウトは、float が指定された div 要素では 0x0 をレンダリングします。その理由は、このレイアウトでは親からサイズを取得しますが、float が指定されている場合は親が本来の所定のサイズを持たないためです。

固定サイズの画像を設定する

画像を固定サイズで表示する場合:

  1. <amp-img>layout=fixed を設定します。
  2. widthheight を指定します。

layout 属性を指定しない場合は、推定レイアウトについて確認してください。

アスペクト比を設定する

レスポンシブ画像の widthheightamp-img の幅と高さに正確に一致する必要はなく、アスペクト比のみが一致する必要があります。

たとえば、width="900"height="675" を指定する代わりに、width="1.33"height="1" を指定できます。

<amp-img alt="A view of the sea"
  src="/static/inline-examples/images/sea.jpg"
  width="1.33"
  height="1"
  layout="responsive">
</amp-img>
Open this snippet in playground

各種の画面解像度に複数のソースファイルを設定する

同じ画像に対してさまざまな解像度(アスペクト比はすべて同じ)を指定するには、srcset 属性を使用します。ブラウザは、デバイスの画面の解像度と幅に基づいて、srcset から最も適切なファイルを自動的に選択します。

一方、media 属性は AMP コンポーネントの表示と非表示を切り替えます。レスポンシブ レイアウトをデザインする際には、この属性を使用する必要があります。アスペクト比が異なる複数の画像を表示するのに適した方法は、複数の <amp-img> コンポーネントを使用して、それぞれに media 属性を指定する方法です。この属性は、各インスタンスを表示する画面の幅と一致するように設定します。

詳しくは、レスポンシブ AMP ページの作成ガイドをご覧ください。

ディメンションが不明な画像のアスペクト比を維持する

AMP レイアウト システムでは、画像を取得する前にあらかじめ画像のアスペクト比を把握しておく必要がありますが、画像のディメンションがわからないこともあります。ディメンションが不明な画像を表示し、アスペクト比を維持するには、AMP の fill レイアウトと object-fit CSS プロパティを組み合わせて使用します。詳しくは、AMP By Example のディメンションが不明な画像に対応する方法をご覧ください。

検証

AMP 検証ツールの仕様で amp-img のルールをご確認ください。

ご不明な点がある場合

You've read this document a dozen times but it doesn't really cover all of your questions? Maybe other people felt the same: reach out to them on Stack Overflow.

Go to Stack Overflow
Found a bug or missing a feature?

The AMP project strongly encourages your participation and contributions! We hope you'll become an ongoing participant in our open source community but we also welcome one-off contributions for the issues you're particularly passionate about.

Go to GitHub