Do you build things with AMP? Fill out the AMP Developer Survey!
AMP

分析ツールと AMP の統合

Important: this documentation is not applicable to your currently selected format ads!

概要

トラフィックやビジターに関するデータを把握するためのサイト運営者向け SaaS(サービスとしてのソフトウェア)ツールを提供している場合、そのサービスを amp-analytics に統合することができます。こうすることで、顧客は AMP HTML ページのトラフィックパターンを閲覧できるようになります。

始める前に

分析サービスを AMP HTML ランタイムに追加する前に、以下の内容を実施する必要があります。

  • 分析サービスを使用する上で AMP HTML ドキュメントに必要となる変数リクエストの種類を特定する。
  • バッチリクエストを使用する場合、最終的な URL を構築するためにバッチ処理プラグイン関数が必要かどうかを判断する。
  • サービスに関連するページから分析リクエストが送信されるようにするトリガーを特定する。
  • ファーストパーティとサードパーティ AMP のコンテキストでユーザーを追跡するかどうか、そしてその方法を検討する。
  • 分析ダッシュボードが AMP トラフィックをどのように処理するかを確認する。
  • amp-analytics に欠落した機能がないかを確認し、必要な機能についてリクエストを提出する。
  • AMP アナリティクスは、あらかじめ構成されたエンドポイントに変数を送信します。既存のエンドポイントがない場合、その構築方法の概要について、こちらのサンプルを参照してください。
    • iframe を除くすべてのトランスポートタイプでは、変数は HTTPS リクエストのクエリ文字列パラメータとして送信されます。
    • iframe トランスポートタイプについては、変数は window.postMessage を通じて、作成された iframe に送信されます。この場合、メッセージは URL である必要はありません。このオプションは、MRC 認定ベンダーのみが利用できます。
  • amp-analytics との統合によって、既存のポリシー(特にプライバシーポリシー)や契約にどのような影響が生まれる可能性があるかを検討する。

AMP HTML ランタイムへの構成の追加

  1. 分析サービスを AMP HTML のランタイムに追加することを述べた Intent-To-Implement(実装意図)の課題 を作成します。説明に cc @ampproject/wg-analytics を必ず含めてください。
  2. 以下の内容を実装するパッチを開発します。
    1. 以下のような、デフォルト外のオプションを含めた新しい構成 json ファイル ${vendorName}.json を vendors フォルダ:
      1. 追加のデフォルト変数用の "vars": {}
      2. サービスが使用するリクエスト用の "requests": {}
      3. 必要な場合は "optout":。現時点では、優れたオプトアウトシステムが用意されていないため、あなたに合ったものを設計できるように、お問い合わせください。
      4. 必要な場合は "warningMessage":。コンソールにベンダーからの警告情報(説明や移行)を表示します。
    2. iframe トランスポートを使用する場合は、"*vendor-name*": "*url*" を含む iframe-transport-vendors.js のANALYTICS_IFRAME_TRANSPORT_CONFIG に新しい行を追加します。
    3. examples/analytics-vendors.amp.html リファレンス内の例。
    4. extensions/amp-analytics/0.1/test/vendor-requests.json ファイルのテスト。
    5. extensions/amp-analytics/0.1/analytics-vendors-list.md ファイルの対応ベンダーリストに分析サービスを追加します。種類、説明、および使用方法のドキュメントへのリンクを含めてください。
  3. 新しいバッチプラグインが必要な場合は、その手順について、「バッチプラグインの追加」を参照してください。
  4. examples/analytics-vendors.amp.html に配置した新しい例をテストし、この例のヒット数が期待通りに動作していることを確認します。たとえば、必要なデータが収集され、分析ダッシュボードに表示されることを確認します。
  5. Intent-To-Implement 課題を参照する、このパッチのプルリクエストを提出します。
  6. サービスの使用方法ドキュメントを更新し、顧客に伝えます。
  7. AMP リポの外部で統合テストを管理することを強くお勧めします。

タグマネージャー

タグ管理サービスには、AMP アナリティクスと統合するためのオプションが 2 つ用意されています。

  • エンドポイントアプローチ: amp-analytics の追加エンドポイントとして機能し、バックエンドでマーケティング管理を実施します。
  • Config アプローチ: 各サイト運営者固有の、動的に生成された JSON config ファイルを通じて、タグ管理を実施します。

エンドポイントアプローチは、前のセクションで説明した標準アプローチと同じです。config アプローチには、サイト運営者固有の amp-analytics の構成を作成する作業があり、互換性のあるすべてのアナリティクスパッケージが含まれます。サイト運営者は、以下のような構文を使用して構成を含めます。

 <amp-analytics config="https://my-awesome-tag-manager.example.com/user-id.json"

>
>

このアプローチを使用する場合は、サイト運営者向けの AMP アナリティクスの統合に関するドキュメントを参照してください。

その他のリソース