AMP

AMPと統合してディスプレイ広告を配信

Important: this documentation is not applicable to your currently selected format websites!

このガイドは、AMP との統合によって AMP ページにディスプレイ広告を配信したいと考えている広告ネットワークを対象としています。

概要

広告サーバーでは、AMP との統合により、従来の HTML 広告だけでなく、AMPHTML 広告も AMP ページに配信できます。

従来の HTML 広告を配信する
  1. amp-ad
AMPHTML 広告を配信する
  1. amp-ad(従来の HTML 広告を配信するためにまだ作成していない場合)。
  2. AMPHTML 広告を配信するための高速フェッチ統合を作成します

amp-ad の実装を作成する

広告の配信先となるアドサーバーのサイト運営者が、広告ネットワークから提供される JavaScript ライブラリを含めて、各種の「広告スニペット」を設置します。広告スニペットは、JavaScript ライブラリを使用して広告をフェッチし、サイト運営者のウェブサイトに広告を表示します。AMP では、サイト運営者が任意の JavaScript を実行できないように禁止しているため、amp-ad タグでアドサーバーの広告をリクエストできるようにするには、広告ネットワークが AMP のオープンソースコードの開発に参加する必要があります。

注意 – この amp-ad の実装で、従来の HTML 広告と AMPHTML 広告の両方を表示することができます。

たとえば、Amazon A9 サーバーを呼び出すには、次の構文を使用します。

<amp-ad
  width="300"
  height="250"
  type="a9"
  data-aax_size="300x250"
  data-aax_pubname="test123"
  data-aax_src="302"
>
</amp-ad>

上記のコードでは、type 属性で広告ネットワーク(この例では A9)を指定しています。data-* 属性の値は、Amazon A9 サーバーが広告を配信するために必要とするパラメータによって決まります。各パラメータと、A9 サーバーの URL に対する JavaScript の呼び出しの対応関係は、a9.js ファイルに記述されています。amp-ad タグによって渡される、対応するパラメータは前述の URL に付加され、広告を返すために使用されます。

amp-ad の統合を作成する手順については、「AMP への広告ネットワークの統合」をご覧ください。

高速フェッチ統合を作成する

高速フェッチは、広告リクエストと広告レスポンスを分離する AMP のメカニズムです。これにより、ページライフサイクルの通常よりも早い段階で広告リクエストを実施し、ユーザーが見る可能性が高い場合にのみ広告を表示できるようになります。高速フェッチでは、通常の HTML 広告よりも検証済みの AMPHTML 広告が優先されます。検証に失敗した広告は、クロスドメインの iframe にラップされ、AMP ドキュメントの他の要素からは隔離されます。これに対し、検証を通過した AMPHTML 広告は、直接ページに書き込まれます。高速フェッチは、AMP 広告と非 AMP 広告の両方を扱うことができます。そのため、検証に失敗した広告についても、追加で広告リクエストを行う必要はありません。

高速フェッチの統合フロー
高速フェッチの統合フロー

アドサーバーから AMPHTML 広告を配信するには、次の条件を満たす高速フェッチ統合を提供する必要があります。

  1. SSL ネットワーク通信をサポートする。
  2. 広告リクエストを作成するための JavaScript を提供する(実装例: AdSenseDoubleClick)。
  3. 検証サービスを通じてクリエイティブを検証、署名する。たとえば Cloudflare は AMP 広告の検証サービスを提供しており、第三者の広告プロバイダは、このサービスを利用して軽量で訴求力のある広告を高速に配信できます。

高速フェッチ統合を作成する手順については、「高速フェッチのネットワーク実装ガイド」をご覧ください。

関連資料