AMP

ドキュメントのコントリビューション

ドキュメントは、開発者がウェブサイト、ストーリー、広告、および AMP を使用した動的メールの開発を成功させる方法を学習する際の出発点です。中心となる AMP ドキュメントチームは小さなチームですが、重大な責任を担っています。そこで、皆さんからの支援を歓迎しております! コントリビューターは、タイポの修正、古くなった情報の修正、および新しいドキュメントの執筆に参加いただけます!このページでドキュメントコントリビューターになるためのノウハウを吸収してください。

AMP プロジェクトへのコントリビューションにご興味いただき、ありがとうございます。チーム一同、皆さんの参加を楽しみにしております!

はじめに

amp.dev にはドキュメントをホストしており、AMP チームは GitHub との協力体制にあります。ローカルマシンで amp.dev を実行する場合は、amp.dev リポジトリの README に従ってください。アセットのレンダリングと書式設定を正しく行うために不可欠な情報ですが、タイポの修正といった単純な修正作業については、GitHub で直接ファイルを編集できます。

AMP プロジェクト Slack アウトリーチワーキンググループに参加し、どの作業を行っているか教えてください!

amp.dev へのドキュメントのコントリビューションにはいくつかの方法があります。手始めに、いくつかを概説しています。ほかの方法hでのコントリビューションをご希望の方は、その方法が認められるか、お気軽にご相談ください

Good first issues

私たち小さな(でも威力的な)チームは、大小かかわらず課題の解消にあくせくして取り組んでいます。貢献はしたいもののどこから始めてよいのか不安な方は、good first issues というラベルの追加課題をフィルタしてください。amp.dev を理解し、コントリビューションのプロセスに慣れる上ちょうどよい、簡単な修正課題です。

ドキュメントの編集

古くなった情報、誤った場所に配置された情報、または誤った情報に遭遇したら、修正することができます!プルリクエストとしての修正を歓迎していますが、課題を提出する方法でも構いません。課題を提出して自分に割り当てると、ボーナスポイントです。こうすることで、作業内容を追跡し、重複が発生することを回避できます。

ドキュメントの執筆

探しているガイドやチュートリアルが amp.dev に見つかりませんか?ぜひ執筆してください!まずは、許可されているドキュメントの種類ドキュメント作成提案書の提出方法についてお読みください。提案書が受理されたら、 AMP 用語ガイドドキュメントの書式設定に関するガイドラインによく目を通してください。例のコントリビューションに関する情報については、こちらを参照してください。